古典技法とは

古典技法(絵付け技法)

古典技法はステンドグラスの語源となる、stained=絵付けが施された技法です。
絵付けは9世紀頃からある技法で、実在する最古のものは11世紀頃の物です。

ステンドグラスは、イエス様を描く目的で作られたのが発祥のようです。
聖書は文字が読めない人の為の紙芝居の役割をしまます。
教会で神父さまが「あのステンドをご覧なさい、イエス様はこうおっしゃいました」 と
ステンドを見ながら聖書の内容を読むとくことができます。
(海外旅行でも使える ステンドの簡単な読み解き方をアメブロで紹介しています。
 トップページのアイコンからご覧下さい)


日本では19世紀にティファニーが考案したテープ技法が主流ですが、
世界的には太い鉛で組む技法が主流です、厳しい定義によると絵がないものはステンドとは
呼べないとまでいうようです。


1 原画を描く 
1 原画を描く 

作品の良し悪しは原画で決まる。とも言われる大切な作業です。
ニャーゴの作品の多くは原画があります。
絵付けはこの原画をもとに忠実に行います。
自分の描いた絵は頭に入っているので他の物より作業がしやすいです。

2 型紙づくり 

型紙は一つの作品で2枚必要です。
1枚はカットして使うもの、もう一つはカットしたガラスを置いて全体のイメージを見るものです

3 ガラス選び 

絵付けでは中世からの方法で作られたアンティークガラスを使用します。
ガラス界のオートクチュール的な存在です
アンティークガラスは透明度が極めて高いので、絵付けをして光の量を調整できます。
他のガラスより粘り気があるので、何度炉にいれても割れないようです。

また微妙な色合いの中間色があるのも特徴です。
ニャーゴはフランスとドイツのガラスを好んで使用しています。
入手がとても不安定なのが悩みの種です。

古典技法とテープ技法のガラスは性質の違うものを使用します。
どちらも設置場所に合ったガラスを選ぶ事が、作品を綺麗に見せるコツだと思います。


4 ガラスカット 

型紙にあわせガラスをカット。

5 腐食 
2層の黄色だけを抜いたガラス

2層の黄色だけを抜いたガラス


カットしたガラスをフッ化水素などで下処理する工程が入る時があります。
色が層になっているフラッシュガラスを利用することにより、より味わい深い表現が可能になります。
アンティークガラスという種類の中に、さらに種類別のテクスチャアや柄がありますよ。



6 顔料づくり 
6 顔料づくり 
6 顔料づくり 

古典ではグリザイユを顔料に使用します。
ガラスと金属の粉の化合物です
優しく、泡立てないように何時間も練ります。
酢溶き顔料は3時間〜8時間ガラスの棒で練ります。練れば練るほど筆がなめらかに走るよ。
水溶きは1時間くらい。
顔料の種類はとても少ないので、調合したりガラス自体の色との組み合わせも考慮します。

 7 線描き⇒  焼成

1回目の絵付けは酢溶きの顔料。
グリザイユ(顔料)の焼成温度は600度前後。
ガラスが割れないよう、ゆっくり熱をくわえ、ゆっくり冷まします

 7 線描き⇒  焼成
 7 線描き⇒  焼成
8 古び、陰影つけ
8 古び、陰影つけ
8 古び、陰影つけ
8 古び、陰影つけ
8 古び、陰影つけ

絵付けでは描いて、焼成、描いて、焼成の工程が繰り返しが行われます。
一度に濃い色を付けられないので、薄い色で何回も描き重ね陰影を付けます。
これが、なかなか根気がいりまして、、、

顔料をガラス全体に均一に伸ばす⇒乾かす⇒筆などを使い残したい顔料以外を剥がしとる
また顔料を塗るみ⇒乾かず⇒剥がす


9 シルバーステイン ・ エマイユ
シルバーステイン(写真は黄色)

シルバーステイン(写真は黄色)

9 シルバーステイン ・ エマイユ
エマイユ

エマイユ

色をいれます。
顔料により焼成温度が違うので 温度の高いものから低い順に入れます。

10 組み
10 組み
10 組み
10 組み
組み間違えに注意

組み間違えに注意

溝のついた鉛の棒で組み、仕上がり寸法どおりにできたらハンダつけ

11 パテ詰め
11 パテ詰め
11 パテ詰め

パテをガラスの隙間に入れます

12 仕上げ
12 仕上げ
12 仕上げ

石灰や木屑で汚れ、余分な油をとり綺麗にします。

はい、完成!

  作品タイトル: 仮面舞踏会に出かけるフィレンツェの貴婦人